スケジュール画面で退店・会計処理をする

お客様が退店する際に、「スケジュール」画面で退店・会計処理をすることができます。

 

退店処理する方法

ステータスを退店にする際の操作方法を説明します。

※サイドメニュー>「予約台帳」をタップ>「スケジュール」画面

1.予約バーを選択する

退店するお客様の予約バーをタップします。

 

1.PNG

 

2.予約情報を確認する

予約情報を確認し、「退店」をタップします。

 

__.png

 

「会計後ステータス」を「会計済み」に設定していて、「Airレジ」をインストールしていない場合は、「退店」ボタンが表示されません。

______.png

「会計」ボタンから、一度ステータスを「会計済み」に変更後、「退店」ボタンをタップしてください。
「会計後ステータス」について詳細はこちらをご覧ください。

 

3.退店を決定する

「OK」をタップします。

 

IMG_0176_01.png

4.退店処理が完了します

「スケジュール」画面の予約バーが退店ステータスになります。

 

2.PNG

誤って「退店」にしてしまった場合には

誤って「退店」にしてしまった場合、ステータスを「来店済み」に変更することができます。
詳細はこちらをご覧ください。

 

退店処理をした時間が実際と異なるなど、退店時間を変更したい場合は翌日営業日以降にステータスを変更することで修正することができます。
詳細はこちらをご覧ください。

 

会計処理する方法

ステータスを会計済みにする際の操作方法を説明します。

注意

会計処理を行うには「Airレジ」アプリがダウンロードされている必要があります。

※サイドメニュー>「予約台帳」をタップ>「スケジュール」画面

1.予約バーを選択する

会計するお客様の予約バーをタップします。

 

3.PNG

2.会計処理をする

「レジ打ち/会計」をタップします。

 

IMG_0366_01.PNG

 

「会計後ステータス」が「会計時に都度選択」の場合

「会計済み」か「退店」を選択するメニューが表示されます。どちらかを選択して次へお進みください。

____.png

「会計後ステータス」について詳細はこちらをご覧ください。

3.「Airレジ」アプリが起動する

「Airレジ」アプリが起動します。
「Airレジ」アプリでの操作について詳細はこちらをご覧ください。

4.会計処理が完了します

「スケジュール」画面の予約バーが会計済みステータスになります。

 

______________.png

 

 

「会計後ステータス」を「退店」、もしくは「会計時に都度選択」としていて、会計時に「退店」を選択した場合は、会計済みステータスにならずに退店ステータスになります。

______________.png

「会計後ステータス」について詳細はこちらをご覧ください。

この記事の改善のために、ご意見をお聞かせください。
この記事は役にたちましたか?

↑Pagetop